FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

魔法陣使い#09

第09話「勧誘(後編)」

宇宙に浮かぶ円盤都市コズモス。
ここに住む女の子たちの物語。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「ノノンさん、入部してください!」

「…フン」
一瞬の間を置いた後、ノノンさんは鼻で笑った。

「どうして私が貴女たちの部に入らないといけないの?」

「ノノンさん、魔法に興味があるのですよね!」

「何をばかな」

「だって先ほど私たちに魔法陣についての質問をされていたではないですか」

「あれは魔法なんていう絵空事を真面目にやってる奴がいる事に興味を持っただけだ」

ごもっとも。

「そんな言ってちょっと嬉しそうな顔してましたよー」
ノノンさんの正論にも負けずに押しまくるセイラ。(自分が勧誘された時のことを思い出す)

ちょっと呆れ顔のノノンさん。
金色のロングヘア。グラス(眼鏡)タイプのディスプレイを付けた蒼い瞳。

装飾の少ない機能的で清楚な服装。
いかにも出来る女性って感じだ。

胸元にはワンポイントのレトロチックなデザインの首飾りの宝石が小さく光っていた。

その瞬間
リンッ!
私の端末から着信音。

一瞬全員が固まる。
うわー気まずい…。
ついでにこのまま退室しちゃおうか。

セイラに目で合図。
全然大丈夫じゃないって顔してたけど小さくうなずいてくれた。

「…」
「…」
「…」

「あのぉ私、急用を思い出したのでぇ」
「そうそう先輩は急用ですの!」
「急用?」

「…それじゃセイラ、あとよろしく!」
「はい、ですの!」
「あ!ちょっ…」

すごくわざとらしい出方をしてしまった。
遠くでノノンさんを必死に引き止めるセイラの声が聞こえた。

ゴメン!と思いつつ端末の呼び出しに出た。
「ミッドノールさんバグズですか!」
「あぁ、今回は大図書館らしい!」
「え!じゃあこの辺に?」
「メグミちゃんはまだ学校にいるのかい?」
「このままバグズを探します!」
「分かった!でも気を付けて、
今回のバグズは電気を使うらしい」
「電気?分かりました!」

魔法少女に『変身』したあと、サーキットリーダーをホウキに変え『浮遊』と『旋風』で上昇。
空からバグズを探した。

目立って騒ぎになっている所は見当たらない。
あ、そうだ!探知機!
慌てて探知機を取り出し反応を見た。
探知機の針がちょっとだけ動いた。

針が向いているその先は…
あれ?これって私が来た方向。


セイラたちは?!
「きゃっ!」
短いセイラの悲鳴。
いけない!
スラスター全開でホウキを飛ばす。

いた!
セイラとノノンさん。
近くには…黒い煙玉?
なんかピカピカしてる。
あれ?ピカピカが消えた?
…ちょっとヤな予感。

ビカッ!!
予感的中!
煙玉から光の矢みたいなものが飛んできた。
何!今の?!
最初何が起こった分からず、プチパニックになってしまったけど、どうやら狙ってたわけじゃないらしい。
でも何だかそろそろ危なさそう。

急がなくては!
セイラに近づく。

煙玉もまた光始めている!
いけない!
急いで『障壁(ブロック)』をセット
『自動詠唱(ロード)』!!

二人の前に出した魔法の壁が煙玉の光の矢を防いだ。

「ふぅ、危ないとこだったー」

「早く逃げて!」
セイラが動こうとしないノノンさん
の手を引っ張って離れてくれた。

よし!
『障壁(ブロック)』ともう一枚、
『✖️6(キューブ)』の魔法陣を取り出してセットした。
『自動詠唱(ロード)!!』

6枚のブロックが煙玉を取り囲み、そのまま四角い箱になって閉じ込めた。

効率の良い魔法の使い方か…
確かにこの間よりもラクに戦えたかな。
やっぱり頭も使わないとダメなのかー。

煙玉はしばらく箱の中でゴトゴトやってたみたいだけど魔法の力が切れたのか、ちょっとしたら静かになった。

『障壁✖️6(ブロックキューブ)』を解除。
魔法陣を回収。

魔法陣の走書きには『雷雲』と書いてあった。

「ら…い、うん?電気と関係ある言葉なのかな?」※

※メグミは人工的に作られた環境で生まれ育ってきたので雷のことを知りません

さぁて、変身解除でもしましょうかと思ったその時、
「ちょっと!あなた!」
いきなり呼びかけられてビクっとなる私。
誰?

ビクビクしながら振り向くと怖い顔をして立っているノノンさん!と必死に止めようとしてたんだろうなという感じのセイラがいた。

「なん…でしょうか?」
ツカツカとノノンさんが私のすぐ近くまでやってきた。

じっと私をにらんでる。
近い近い…。

「あなたが何者で何を企んでるかは知らないけど、とりあえずお礼を言っておくわ」

「え?あ、はい…」

ノノンさんはそれだけ言うと回れ右して、さっさと行ってしまった。

セイラもあっけにとられてその場に立ちすくんでいる。

あー緊張した。
バグズの相手をするより疲れたかも。

「セイラ、ありがとね!」
「メグ先輩もご苦労さまですの!」
抱き…ついてこなかった。
あ、変身中だから?
彼女なりのポリシーなのだろうか。

「それじゃ、ひとまず部室に戻ろっか」
「はいですの」

途中、セイラに『雷』について教えてもらっている内に部室に到着。

「さあて、あれ?」
誰かいる!?
「メグ先輩、どうかされました?…!」

「ノノンさん!?」
なんとそこにはノノンさんが、当たり前かのような顔で座っていた。

「遅かったな」
「どうしてここに!?」
「入部する事にした」
「急ですね?」
「さっきそこで魔法生物と魔法陣使いに会ってな」
「はぁ…」
「書架探訪部(ここ)」は、魔法陣の事を調べているのだろ?」
「はい、一応」
「じゃあ、決まりだ」
「えぇ…」
「但し!ここには私が来たい時にだけ来るから」
なんとフリーダムな。

「分かりました!」
ここでセイラが元気に返事をした。
え、いいの?
「それじゃノノンさんは幽霊部員からのスタートですね!」
幽霊部員って。

「え、あ、いや…」
さすがのノノンさんも戸惑ってる。
「少しずつ、お知り合いになって部員を目指して下さいね!」
幽霊部員ってランクアップするものなのか?
「そういうつもりでは…まぁいい」
ノノンさん諦めのポーズ。
「それじゃ入部決定ですね!」
セイラと顔を合わせる。
「よろしくお願いします!!」

これで魔法陣の秘密に一歩近づけた。
まずはノノンさんともっと親しくならないと。
お友達になれるかな。

(第09話終)
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

POP.OFF

Author:POP.OFF
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。